和歌山県地球温暖化防止活動推進センター

和歌山県「家庭のエネルギー」どれくらい?

「家庭のエネルギー」どのくらい?

和歌山県内の188名を対象に実施したデータをまとめました。
(環境省 家庭エコ診断推進基盤整備事業平成23年・平成24年実施結果より分析)

1.生活シーン別CO2排出量(世帯あたり年間平均)

実施対象世帯の内訳

今回の調査結果によると、和歌山県では車利用によるCO2排出割合が最も高く、家庭内での上位6部門の合計よりも多いことが分かりました。比較的温暖な地域と言われていますが、2位に暖房、3位に給湯という順位となっています。

 

2.世帯人数の違いによるCO2排出量の変化

生活シーン別CO2排出量

エネルギー消費で排出される一人あたりのCO2を見てみると1人世帯と5人世帯では、約4割の違いがあります。分量にして約1,000kgの差です。CO2排出量の点からみると複数世帯で住まうほうが、効率的であるといえます。

 

3.エアコンの温度設定〜冷房〜

エアコンの温度設定【冷房】

環境省が奨励している冷房の設定温度は28℃。この温度以上と答えた方は、全体の27%が実施しており約4件に1件の割合で実施しています。最も多かった温度は27℃となっていて、約3件に1件の割合です。

 

4.エアコンの温度設定〜暖房〜

エアコンの温度設定【暖房】

同じく環境省では暖房の設定温度20℃を奨めており、この温度以下で設定している人の合計は、31%と約3件に1件の割合で設定しています。最も多かった22℃も約3件に1件の割合となりました。

 

5.風呂及びシャワーの使用状況

風呂及びシャワーの使用状況

県内で3番目に多かった「給湯」では「浴槽にお湯をはる日数」と「シャワーの使用時間」について分析。毎日湯はりをされている人が最も多く夏場で42%、冬場では65%という結果になりました。シャワー時間は夏場は5〜20分が最も多く、夏以外では37%が40分以上使用していることが分かりました。

 

6.平均月額電気代

平均月額電気代

電気代の平均的な料金は月額約1万円未満。家庭内でのエネルギー消費の目安になります。

 

7.エアコンの使用年数

エアコンの使用年数

機器の使用状況としてエアコンを設置してからの年数を見てみると10年以上のところが26%と、4件に1件の家庭が長期間使用していることが分かりました。

 

8.節水シャワーヘッドの使用について

節水シャワーヘッドの使用について

出水部分に節水効果を施したシャワーヘッドの利用状況は、わずか4%の家庭にとどまっていることが分かりました。

TEL 073-499-4734 平日10:00-17:00

サイト内検索

SLOW

わかやまCOOL CHOICE

あなたの「宣言」募集中

わかやま「節電所」プロジェクト

わかやま「節電所」建設プロジェクト

家庭のエネルギー相談

家庭のエネルギー相談

推進員養成講座

推進員サイト

わかやま推進員サイト

木の国エコリレー推進協議会

木の国エコリレー推進協議会

木の国クレジット

木の国クレジット

環境イベントポータルサイト

Fun to Share
PAGETOP
Copyright © NPOわかやま環境ネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.