post

和歌山市男女共生推進センター(あいあいセンター内)にて
わかやま「節電所」建設プロジェクトの表彰式が行われました。
会場は40名近い座席が満員となり、盛大に行われました。

今回のプロジェクトの分析を行った吉田登 和歌山大学システム工学部教授より
報告が行われました。
「昨年はとても暑い夏であり、県民一人ひとりのたゆまぬ努力の結果節電の成果が
見られました。」とのコメントがありました。

そしていよいよ表彰式。
今回は、部門賞7、準大賞、大賞と全部で17組の方が受賞されました。

詳しくはこちら

取り組みは、削減率のほか様々な工夫を凝らして夏を乗り切ったアイデアいっぱいの
コメントを寄せていただいた方も表彰対象となりました。

「家族で”あつい”という言葉を出さずに夏を乗り切った」

「ゴーヤづくりを近所の方から教えてもらい、うまくできた」

などなど、ユニークな取り組みも。
いずれも「楽しみながら無理せず実行する」という意見が多く集まりました。

2014はどんな取り組みが寄せられるでしょうか。
お楽しみに!